にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月上旬に、東武スカイツリーライン東向島駅にある「東武博物館」へ行ってきた話題の続き3回目です。

今回は、5号機関車からで、まずは、前回最後に掲載の写真と反対(鉄道模型コーナーの前)のデハ5側から見たところです。
(写真1 デハ5と5号機関車)
デハ5と5号機関車

蒸気機関車の前には、腕木式信号機もあります。
また、奥に見えるのが、受付とグッズを販売しているコーナーです。
(写真2 腕木式信号機と受付)
腕木式信号機と受付

側面から見たベヤー・ピーコック社(英)製の5号機関車(明治31年)は、とてもデザインがすてきで、保存もよい状態です。
(写真3 5号機関車側面)
5号機関車側面

この機関車は、背後にも回れて、炭水車も魅力的です。
(写真4 5号機関車の炭水車)
5号機関車の炭水車

さらに、運転台も間近で見ることができます。
(写真5 蒸気機関車の運転台)
蒸気機関車の運転台

そして、車輪は「SLショウタイム」に、回転するというすごい仕組みで、このとき、汽笛も鳴ります。
(写真6 車輪)
車輪

東武鉄道の社紋とベヤー・ピーコック社の銘板も格好良くきまっています。
(写真7 社紋と銘板)
社紋と銘板

博物館らしいところで、石炭と豆炭のちがいもわかるように展示してありました。
(写真8 石炭と豆炭)
石炭と豆炭

「東武博物館」の話題は、“デハ5”へとつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する