にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この製作中にうっかりミスをして、ATCアンテナを飛ばして部屋中を大捜索することになってしまい、更新が1日遅れとなってしまいました。
このパーツは、予備がついていない上、なくしたり破損すると、別売パーツがなく修理扱いとなることから注意が必要です。(信号炎管は、別売パーツがあります。)

さて、TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)の103系高運転台ATC車(現行品・HG)・スカイブルー(京浜東北線)は、屋根・ベンチレーター・クーラー・避雷器・信号炎管・無線アンテナの塗装を行いました。
(写真1 TOMIX 103系 屋根上の塗り替えとアンテナの取り付け)
TOMIX 103系 屋根上の塗り替えとATCアンテナの取り付け

製品のままの車両と比べると、全体的に明るめにしています。
(写真2 TOMIX 103系 屋根上の塗装比較)
TOMIX 103系 屋根上の塗装比較

無塗装キットのGM EVOほか、KATOと、このTOMIXの103系は塗り替えを行い、屋根上の感じを同じようにしていっています。
(写真3 TOMIX 103系とGM EVO 103系)
TOMIX 103系とGM EVO 103系

今度、塗り替え後の、TOMIXとKATOの車両を並べてみたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する