にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年3月26日のダイヤ改正で、JR南武支線(南武線・浜川崎支線)の川崎新町駅と浜川崎駅間に新しく開業する「小田栄駅」を見てきました。
駅全体は、まだ工事中ですが、すでに駅名標は取り付けられていました。
(写真1 小田栄駅 駅名標)
小田栄駅 駅名標

まずは、浜川崎駅方面のホームです。
(写真2 小田栄駅 浜川崎駅方面ホーム)
小田栄駅 浜川崎駅方面ホーム

尻手駅方面のホームは、小田踏切をはさんで反対側になります。
(写真3 小田踏切を渡る臨港バス)
小田踏切を渡る臨港バス

小田栄駅は、川崎鶴見臨港バス(京急グループ)の小田踏切バス停付近にあります。
駅付近の工事のため、バス停は、一時的に小田栄公園の前に仮設停留場として移動しています。
(写真4 小田踏切バス停・仮設停留場)
小田踏切バス停・仮設停留場

そして、尻手方面の改札やホームも、浜川崎駅方面と同じようなペースで作業が進められているところです。
(写真5 小田栄駅 川崎新町駅方面)
小田栄駅 川崎新町駅方面

なお、こちらのホームにも、駅名標が取り付け済みとなっていました。
(写真6 小田栄駅 川崎新町駅方面ホーム)
小田栄駅 川崎新町駅方面ホーム

そんな中、踏切が作動して列車の接近を知らせます。
JR貨物のEF64-1003が単機で通過していきました。
(写真7 小田踏切を通過するEF64-1003)
小田踏切を通過するEF64-1003

駅の近くには、コンビニエスストアや大型のショッピングモールがあります。
(写真8 ショッピングモール)
ショッピングモール

さらに、イトーヨーカドーも以前からあり、便利な場所です。
ただ、バスの本数も多く、川崎駅に出るには不自由しないので、なぜ新駅なのかと思っていましたら、武蔵小杉駅方面への利便性の向上を考えているようです。
(写真9 イトーヨーカドー)
イトーヨーカドー

このほか、南武支線で使われている205系(1000番台)のライン部分も、南武線E233系のようなデザインになるとのことで、いろいろとイメージが変わっていくようです。
(写真10 JR南武線205系1000番台 尻手駅)
JR南武線205系1000番台 尻手駅

この春、都会のローカルな支線も、少し変化します。
関連記事
コメント
コメント
意外な場所に
さざなみ鉄道倶楽部部長 様

コメントありがとうございます。

私もこのあたりを、車で連れて行ってもらうことが以前に多くあり、また、ここのイトーヨーカドーでイベントが(新駅の話題が出る前)あったときに、川崎新町駅から歩こうと思いましたが、やや距離があるため、時間の関係もあって、バスを利用して向かいました。

ついに、この春、新駅が誕生するということで、電車の本数が少ないとはいえ、ずいぶんと便利になりそうです。
ちなみに、ここのバス停をご利用とのことでしたので、ホームの位置を見ても、かんなりがんばって作ったなという印象ではないかと思います。

話題は変わりますが、鉄道模型のことなど、いろいろと学ぶことが多く、いろいろとお世話になると思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
2016/02/28(日) 00:42:56 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
はじめまして。従兄の家が小田にあり、この停留所から川崎駅に行ってました。ここに駅が出きるとは驚きですね。
2016/02/27(土) 01:17:24 | URL | さざなみ鉄道倶楽部部長 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する