にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月5日~7日の3日間、ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて行われた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)、初日の様子から、17回目・カツミのレイアウトです。

カツミは、HO 1/80のNゲージよりも大きな車両なので、迫力があります。
(写真1 カツミのレイアウトから)
カツミのレイアウトから

総武線、新幹線をはじめ、小田急線との乗り入れをしていたJR東海の371系「あさぎり」なども見られました。
(写真2 HO 1/80 総武線・新幹線ほか)
HO 1/80 総武線・新幹線ほか

車両の大きさから、レイアウト全体も広くなっています。
なお、バックのスクリーンの京浜急行2100形は、KATO(Nゲージ)の紹介です。
(写真3 カツミのレイアウト全体)
カツミのレイアウト全体

カツミのレイアウトも夜景に対応していて、車両や情景に照明が組み込まれています。
(写真4 カツミのレイアウト夜景モード)
カツミのレイアウト夜景モード

スクリーンでのカツミの紹介で映し出された走行シーンも、元が大きいだけに格好良く見えます。
(写真5 スクリーンに映り出されたレイアウト)
スクリーンに映り出されたレイアウト

1/80サイズは、情景があまり発売されていないことから、1/150のNゲージパーツを使って遠くに配置し、雰囲気を出しています。
(写真6 情景はNゲージ用など)
情景はNゲージ用など

ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016 からは、次回、補足的な内容をまとめて終わりとなります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する