にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月5日~7日の3日間、ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて行われた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)、初日の様子から、16回目・カトーのレイアウトです。

KATOのレイアウトには、京急2100形をはじめ、小田急のロマンスカーなど話題の車両が展示・走行していました。
(写真1 カトーのレイアウトから 京浜急行2100形ほか)
カトーのレイアウトから 京浜急行2100形ほか

この駅も、照明が暗くなると、ライトに照らされたホームがとてもきれいです。
(写真2 大きな駅の夜景)
大きな駅の夜景

新幹線ともつながる橋上駅舎など中心部の駅となっています。
京急のほか、阪急の車両も見られました。
(写真3 橋上駅舎と阪急など)
橋上駅舎と阪急など

場面は変わって、踏切付近です。
少し前に注目された東急5050系も通過していきます。
(写真4 踏切付近の京急と東急)
踏切付近の京急と東急

同じ踏切で、角度を変えて見てみます。
私鉄だけではなく、JR東日本の車両も走行しています。
(写真5 踏切を通過する上野東京ライン)
踏切を通過する上野東京ライン

つづいては、工場のある情景です。
やはり、夜景で見るシーンは、ジオラマの良さを引き立てるように思います。
(写真6 工場の夜景)
工場の夜景

このほか、新幹線が似合う日中の風景もあります。
実際より、カーブはかなりきつめですけれど、新幹線沿線のイメージとしてはぴったりな気がします。
(写真7 新幹線が通過する風景)
新幹線が通過する風景

ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016 からは、あと2回くらいの予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する