にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月5日~7日の3日間、ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて行われた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)、初日の様子から、12回目・TOMIXのレイアウトからです。

トミックスのレイアウトには、TOMIXブランドの製品のほか、鉄コレなどを含む“ジオコレ”シリーズも多く見られるようになりました。
(写真1 TOMIXのレイアウトから)
TOMIXのレイアウトから

このシーンでは、東武100系スペーシアのほか、鉄コレの京急1000形、静岡鉄道1000形がみられます。
手前を、JR東日本の新幹線が通過していく様子は、実際にはありませんが、なかなかおもしろいと思いました。
(写真2 Nゲージ 京浜急行1000形・静岡鉄道1000形 ほか)
Nゲージ 京浜急行1000形・静岡鉄道1000形 ほか

場面は一転して、「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」の特徴でもある夜景がすてきなシーンです。
(写真3 スキー場のシーン)
スキー場のシーン

スキー場のシーンは、他のイベントでも見ることができますが、ライトに照らされた様子を長い時間、しかも、夜と昼の両方を見られるので、より楽しむことができます。
(写真4 ロープウェイ)
ロープウェイ

雪景色の中、長編成の貨物列車が通り抜ける感じもすてきです。
(写真5 スキー場の夜景全体)
スキー場の夜景全体

つづいて、情景小物「ペディストリアンデッキ」(ペデストリアンデッキ)を使ったシーンです。
橋上駅舎やビルなどと組み合わせて、都会では一般的な駅前シーンをつくり上げています。
(写真6 ジオコレ ペデストリアンデッキを使ったシーン)
ジオコレ ペデストリアンデッキを使ったシーン

そのとなりには、同じ情景小物の「大型歩道橋」を使用したシーンもありました。
バスコレの横浜市営バスなど、鉄道だけではなく、自動車なども充実しています。
(写真7 ジオコレ 歩道橋を使ったシーン)
ジオコレ 歩道橋を使ったシーン

ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016、TOMIXのレイアウトからは続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する