にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月5日~7日の3日間、ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて行われた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)、初日の様子から、9回目・カトーの展示からです。※レイアウト展示は後日掲載の予定。

KATOのブースには、現在、もっとも力を入れているように見える京急2100形が、ひな壇の最上段に置かれていました。
その下には、横浜駅では真横に並ぶ、JR京浜東北線E233系です。
(写真1 KATO 京浜急行2100形・京浜東北線E233系)
KATO 京浜急行2100形・京浜東北線E233系

昨年末に発売になった京急2100形は、発売されて間もないサウンドカードと組み合わせることで、“ドレミファインバーター”を楽しんでもらうよう、詳しい遊び方を書いたボードも用意してのピーアールです。
(写真2 京急2100形サウンドカードとサウンドボックスのデモ)
京急2100形サウンドカードとサウンドボックスのデモ

このところのイベントでは、前記のサウンドボックスと電動ターンテーブルを組み合わせた蒸気機関車の運転も、盛んに宣伝しています。
(写真3 電動ターンテーブルと機関庫)
電動ターンテーブルと機関庫

ホール内の展示スペースは、照明が暗くなる夜景モードで、その魅力が引き立てられていました。
(写真4 サウンドボックスと電動ターンテーブルの展示)
サウンドボックスと電動ターンテーブルの展示

ここからは、試作品展示を順に掲載していたいと思います。
まずは、電気機関車の「EF13」です。下段は、「クモハ51 200+クハ47 100 飯田線2両セットです。」
(写真5 KATO EF13・飯田線)
KATO EF13・飯田線

つづいては、茶色に白いラインが映える「DF50(茶)」です。上段は、発売済みの「スハ32系中央本線普通列車 7両セット」になります。
(写真6 KATO DF50・スハ32系中央本線普通列車)
KATO DF50・スハ32系中央本線普通列車

そして、動力部分が見える展示は、「C50(KATO 50周年記念製品)」です。上段は、「14系500番台 寝台急行「利尻」8両セット」の一部の試作品です。
(写真7 KATO C50・寝台急行「利尻」)
KATO C50・寝台急行「利尻」

次回も、カトーの展示の続きを掲載する予定です。
(ホール内の)レイアウト展示については、後日、別の記事での記録を予定しています。

本日は、このほかに「ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016 (8)グリーンマックス 2」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する