にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月5日~7日の3日間、ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて行われた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)、初日の様子から、7回目・グリーンマックスの展示からです。※レイアウト展示は後日掲載の予定。

まずは、ホール内の発売商品の一部をずらりと並べた展示からです。
中央には、情景パーツのピーアールにもつながる車両基地が作られていました。
(写真1 ホール内のグリーンマックス商品展示から)
ホール内のグリーンマックス商品展示から

グリーンマックスが力を入れてきた私鉄から、東急・京急・小田急の車両がとまっています。
(写真2 京浜急行の車両を中心にした車両基地)
京浜急行の車両を中心にした車両基地

東横インなど大型の建物から標識類の小物まで、限られたスペースの中に多くの商品が展示されていました。
(写真3 ホール内のグリーンマックス商品展示全体)
ホール内のグリーンマックス商品展示全体

ここで、ホール外のグリーンマックスブースへと移ります。
こちらは、これから発売予定の車両を中心に試作品などを展示していました。
中でも、もっとも力を入れていると思われたのは、2016年5月発売予定の常磐線「E653系フレッシュひたち」です。
先に発売されている「E653系1000番台 いなほ」とのちがいなどを、詳しく説明していました。
(写真4 GM発売予定試作品 E653系フレッシュひたち)
GM発売予定試作品 E653系フレッシュひたち

このほかの予定品では、まもなく発売となる「小田急3000形」や「東武10000型」の試作品が展示されていました。
なお、東武鉄道については、「50050型」が2月、「10030型(10050番台)」は4月に発売が予定されています。
(写真5 GM 小田急3000形・東武10000型)
GM 小田急3000形・東武10000型

あと、「上田電鉄1000系(まるまドリーム号)」の5月発売予定の告知などもありました。
(写真6 GM 上田電鉄1000系・西武9000系)
GM 上田電鉄1000系・西武9000系

それから、グリーマックスの車両といえば、“エコノミーキット”も象徴的な商品の一つです。
「東急8500系」を展示して、しっかりとアピールしていました。
(写真7 GMエコノミーキット 東急8500系 ほか)
GMエコノミーキット 東急8500系 ほか

次回も、グリーンマックスの展示の続きを掲載する予定です。
同社の(ホール内の)レイアウト展示については、後日、別の記事での記録を予定しています。

本日は、このほかに「ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016 (6)トミーテックの展示4」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する