にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日、2016年2月5日より、ランドマークプラザ5階 ランドマークホール(神奈川県横浜市西区みなとみらい)にて、「ヨコハマ鉄道模型フェスタ」(2016年開催)が行われています。記事は、初日の様子からの2回目です。※7日(日)まで開催しています。

今回は、バンダイ・Bトレインショーティーのブースからです。
販売は行わず、展示と案内のみですが、今年も物販コーナーにあります。
(写真1 ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016~Bトレインショーティー)
ヨコハマ鉄道模型フェスタ 2016~Bトレインショーティー

注目のE235系山手線も展示されていて、見本品をみることができました。
(写真2 バンダイ・BトレブースのE235系山手線ほか)
バンダイ・BトレブースのE235系山手線ほか

細かいところは、製品になるまで確定しませんが、おおよそどのようになるか見当がつきます。
実車も試運転を繰り返していますが、なかなかよくできていると思いました。
(写真3 BトレE235系ほか山手線の前面)
BトレE235系ほか山手線の前面

人気の通勤電車では、JR西日本の207系1000番台なども気になるところです。
E233系1000番台京浜東北線は、ドア脇のステッカーにも目がいきました。
(写真4 207系1000番台・E233系1000番台など)
207系1000番台・E233系1000番台など

このほか、事業者限定品などのBトレも展示されていました。
エヴァンゲリオンの新幹線(500TYPE EVA)は、向かいのジェイアール西日本商事のブースで先行販売があったり、リニアL0系はとなりの日本車輌・日車夢工房ブースで販売があるなど連携していした。
(写真5 事業者限定品などのBトレ)
事業者限定品などのBトレ

さらに、これから発売が予定されている東急3450系についても、Bトレブースの商品見本ほか、同じコーナーの総合車両製作所・電車市場ブースで、一部のパーツが見られる形での展示がありました。
(写真6 Bトレ 東急3450系)
Bトレ 東急3450系

車両以外にも、B4サイズでレールや電池式コントローラが組み込まれた レイアウトベース(製品)を使ったジオラマが展示してありました。
(写真7 レイアウトベースのジオラマ 博物館)
レイアウトベースのジオラマ 博物館

博物館、雪景色のシーンとおいしそうな食べ物になっているレイアウトがありました。
ちなみに、後者の情景は、イベントに関連して名物を紹介したもので、ちゃんとテーマのある作品となっています。
(写真8 レイアウトベースを使ったミニジオラマ)
レイアウトベースを使ったミニジオラマ

ヨコハマ鉄道模型フェスタからの話題は、引き続き、少しずつ記録していく予定です。

ヨコハマ鉄道模型フェスタ
日時 2016年2月5日(金)~7日(日)
    明日・7日(日) 最終日は、11:00~17:00
会場 ランドマークプラザ5階 ランドマークホール
料金 入場無料
最寄り駅
 横浜高速鉄道みなとみらい線(東急東横線) みなとみらい駅
 JR根岸線(京浜東北線)・横浜市営地下鉄プルーライン 桜木町駅
詳しくは下記アドレスの公式ホームページでご確認下さい。
 http://www.festa-yokohama.jp/
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する