にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道おもちゃの「プラレールアドバンス」は、現在、E233系京浜東北線だけ手元に残っています。
昨年末に購入して、ブログでも度々掲載の「KATOの鉄道模型・Nゲージ E233系1000番台 京浜東北線」と並べてみようと、ふと思いました。
プラレールアドバンスは、脱線問題が大きく取り上げられたことから、掲載の車両を含めてNゲージのレールにはのりますが、フランジが大きくなり、(Nゲージのレール上を)走行することはできなくなりました。
(写真1 E233系京浜東北線 Nゲージとプラレールアドバンス)
E233系京浜東北線 Nゲージとプラレールアドバンス

プラレールの主な対象は小学生未満で、TOMIX(トミーテック)のNゲージは、昨年発売の商品でも「15歳未満のお子様には適しません」と書かれていて、その間の年齢(小・中学生)をターゲットとして「プラレールアドバンス」が登場しています。
なお、KATOのNゲージは、「8歳以上のお客様にお楽しみいただける商品です。」と取説などに書かれています。
おそらく、Nゲージを鉄道模型ととらえているか、玩具の一部ととらえているかなど、メーカーの立場により、このような違いがあるもの思われます。
似たようなところでは、どちらかといえばNゲージ(鉄道模型)に使い、バンダイのBトレインショーティーも、玩具メーカーだかでしょうか「対象年齢は15歳以上です。対象年齢未満のお子様には絶対に与えないでください。」とパッケージなどに書かれています。
(写真2 E233系 Nゲージとプラレールアドバンス 前面)
E233系 Nゲージとプラレールアドバンス 前面

前置きのような話が長くなりましたが、プラレールアドバンスは、絶妙という感じで、鉄道模型と玩具の中間といった感じです。
プラレールのように横広ではなく、また、Nゲージよりは短いものの、Bトレよりは長いという、ここも微妙な寸法です。
ただ、イメージとしては、かなり鉄道模型を意識したものとなっているように思います。
(写真3 E233系 Nゲージとプラレールアドバンス 側面)
E233系 Nゲージとプラレールアドバンス 側面

安全上のことを考慮しなくてもよければ、好みでいろいろと選択ができると思いますし、年齢の低いお子さんが、保護者が付き添えない環境で遊ぶには、やはりプラレールやプラレールアドバンスなどの玩具の方が安心できるかもしれません。
鉄道ブームのおかげもあり、いろいろな選択肢があるのはよいことだと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する