にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から参考出展です。
この部門も、時間の関係でゆっくりとまわれなかったため、出展団体からの抜粋となりますのご了承下さい。

はじめは、“大型機関区”というタイトルの「共栄大学教育学部」の作品です。
照明を少し落として見るとさらに雰囲気が出そうな作りです。
(写真1 共栄大学教育学部)
共栄大学教育学部

手前側には、気動車も並んでいて、作業をしている人々が、またいい感じです。
(写真2 気動車 東武キハ2000形)
気動車 東武キハ2000形

つぎは、“連続立体交差事業”というタイトルの「電気通信大学 鉄道研究会」の作品です。
現在は、各地で工事が行われていますので、このようなレイアウトも楽しいと思います。
(写真3 電気通信大学 鉄道研究会)
電気通信大学 鉄道研究会

つづいては、奥に見えていた波が気になる“富嶽三十六景”というタイトルの「白梅学園清修OG」の作品です。
タイトルの通りといった感じで、浮世絵が立体的に表現されているのはすごいにつきます。
(写真4 白梅学園清修OG)
白梅学園清修OG

4団体目は、怪獣(ゴジラ)が暴れている「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部OG」の作品です。
鉄塔や高圧電線の破壊が目を引くと同時に、街の慌ただしい様子も表現されています。
(写真5 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部OG)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部OG

5団体目は、青梅線の奥多摩駅がある「東京都市大学 有志」の作品です。
工場のプラントや駅前の都営バスなど、特徴的なものを再現してまとめています。
(写真6 東京都市大学 有志)
東京都市大学 有志

鉄道模型コンテスト2015については、別の出展について、もう少し記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する