にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨年からの続きとなっている記事で、2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“一畳レイアウト部門”の5回目・最終回です。

1校目は、秩父をモチーフにした「成城高等学校 鉄道研究部」の作品です。
秩父鉄道の車両もたくさんありますが、2回目に掲載した学校とは別になります。
(写真1 成城高等学校 鉄道研究部)
成城高等学校 鉄道研究部

別角度から見た秩父の景色も、とてもきれいです。
(写真2 秩父鉄道の風景)
秩父鉄道の風景

2校目は、運転台形のコントローラーで車両を動かす「岩倉高等学校 鉄道模型部」の作品です。
地上と地下の2段の構成になっていて、高架区間も作られています。
(写真3 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

3校目は、“碓氷峠と唱歌「紅葉」というタイトル”の「東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部」の作品です。
信越本線をイメージした秋の紅葉がすてきなレイアウトです。
(写真4 東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部)
東京都立大崎高等学校 ペーパージオラマ部

主に紙で作られている独特の雰囲気が作品を引き立てます。
山の駅の、のどかな感じも落ちつきます。
(写真5 碓氷峠の景色)
碓氷峠の景色

4校目は、ちょっとした砂浜とヤードのある「群馬県立前橋高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
静かな街の様子と波のある浅瀬の上を列車が通過する景色がいい感じです。
(写真6 群馬県立前橋高等学校 鉄道研究同好会)
群馬県立前橋高等学校 鉄道研究同好会

5校目は、春の暖かさを感じる「千葉日本大学第一高等学校」の作品です。
全体はシンプルな構成ですが、崖や池など、リアルに作られたところもあり、気になるレイアウトです。
(写真7 千葉日本大学第一高等学校)
千葉日本大学第一高等学校

鉄道模型コンテスト2015の一畳レイアウト部門と、モジュール部門の記録は終わりです。
この部門についても、一部掲載できていない参加団体があるかもしれませんが、写真の都合や周り切れなかかったためですので、どうかご容赦下さい。
鉄道模型コンテスト2015については、一部別の部門やコーナーが残っていますので、引き続き記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する