にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIXの新しい103系高運転台ATC車(鉄道模型・Nゲージ)を購入したことで、横浜線の混色編成に使っていたGM EVO 103系のモハ103+モハ102を京浜東北線のTOMIX+GMのみの10両編成化で転属させ、代わりに、横浜線混色編成はKATO製品の統一で、KOKUDEN/一般形2両を冷房改造車にして、編成に組み入れることにしました。

まずは、KATOの新103系(冷房車)の屋根を見ながら、ABS樹脂板から切り出したランボードを取り付けて、EVO 103系の非冷房車製作で余った冷房機(AU75)をはめ込む穴を開けました。
また、ランボードのクーラー側上部を少し削りましたので、つぎは、パテ→塗装という順番で作業を進める予定です。
(写真1 KATO KOKUDEN 冷房改造車の製作)
KATO KOKUDEN 冷房改造車の製作

あと、冷改車になると、側面の行先表示器も必要になるので、銀河モデルのパーツを取り付けようと考えていますが、購入しただけで、合うかどうかなどはこれからになります。
(写真2 銀河モデル 行先表示器 新系列電車用)
銀河モデル 行先表示器 新系列電車用

製作のプロセスは、途中、何回か記録していきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する