にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型(N・HO)用の2つポイントを、それぞれボタンを押すごとに切り替える“ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機”が完成しました。
KATOやTOMIXなどの2線式電動ポイントを切り替えることができ、ACアダプターのほか乾電池(9~12V)でも作動します。
また、PWM方式のミニ・コントローラーと同じ大きさで、KATOのE233系京浜東北線を使ってのポイント切り替えの様子を掲載します。
(写真1 ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機とミニ・コントローラー)
ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機とミニ・コントローラー

回路は、鉄道おもちゃ(プラレール)のポイント電動化(改造)で設計したものを、一部、鉄道模型用に手直ししたものとなっています。
操作方法は、ボタンを1回押すと、LEDが緑色から赤色(オレンジ色から変更)に変わると同時に、ポイントが切り替わります。
(写真2 ポイント切り替え 分岐・本線)
ポイント切り替え 分岐・本線

2つのポイントは1個のボタンで、それぞれを切り替えることができ、もう一度押すと赤色から緑色からに変わると同時に、元の方向に切り替われます。
(写真3 ポイント切り替え 本線・分岐)
ポイント切り替え 本線・分岐

なお、電源投入時は、リセットするようにしていて、本線(直進側)に切り替わります。リード線の差し込みを入れ替えて、極性を替えれば反対の動作となります。
(写真4 ポイント切り替え 分岐・分岐)
ポイント切り替え 分岐・分岐

ミニ・コントローラーと合わせて、イベントや省スペース環境での使用を想定して、コンパクトにしています。
(写真5 ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機 本体)
ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機 本体

切り替え機内部は、ちょうどよい具合にパーツが収まり、ショートしないように対策しています。
また、過電流から守るための保護回路もつけてあります。
(写真6 ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機 内部)
ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機 内部

乾電池(9~12V)を使用したり、コントローラーとセットではなく、単独でも使用することができます。
(写真7 ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機と電池)
ワンプッシュ ミニ・ポイント切り替え機と電池

イベントほか、机上のテストや走行でも気軽に遊べるようになり、楽しみが広がります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する