にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨年のうちにまとめきれなかった鉄道模型コンテストの記録の続きで(モジュール部門は年内に記録済み)、2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“一畳レイアウト部門”の4回目です。

はじめは、JR小海線がテーマになっている「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
手前に湘南新宿ラインのケースがありますが、レイアウト上にはテーマとなっている地域で活躍する気動車が、たくさん並んでいます。
(写真1 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

国立天文台の電波望遠鏡をイメージしたものではないかと思われるものほか、高地の情景がいろいろと作り込まれています。
(写真2 電波望遠鏡らしき情景など)
電波望遠鏡らしき情景など

つぎは、高架と地上の駅と街のあるレイアウトの「開智中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
建物がたくさんあるのが特徴的です。
(写真3 開智中学・高等学校 鉄道研究部)
開智中学・高等学校 鉄道研究部

別の角度からに見ても、大きな道路や高い建物も上手く配置されていて楽しいと思います。
(写真4 横須賀線が通過していく街のジオラマ)
横須賀線が通過していく街のジオラマ

つづては、島を鉄道がぐるっと1周走っている「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部」の作品です。
恐竜のような動物もたくさんいる謎の島です。
(写真5 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

島内のほか、海にもレールが通っているようです。
島の情景もおもしろいと思います。
(写真6 島のレイアウトから)
島のレイアウトから

鉄道模型コンテスト2015の一畳レイアウト部門は、あと1回の予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する