にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年訪問の最後の1回が年内にまとめられず、年明けの今回となりました。
2015年2月上旬に、東京メトロの関連団体・公益社団法人 メトロ文化財団が運営する「地下鉄博物館」(ちかはく)へ行った際の記録の20回目・(2015年の訪問)最終回です。

今回は、電車運転シミュレーターコーナーです。千代田線6000系が目立ちます。
(写真1 千代田線6000系シミュレーター)
千代田線6000系シミュレーター

車体側面には、現在の“東京メトロ”マークが貼ってありますが、正面を見ると“営団”のマークがついています。
(写真2 側面は東京メトロ・前面は営団地下鉄)
側面は東京メトロ・前面は営団地下鉄

このシミュレーターは、運転の揺れも体験できるようになっています。
なお、体験は小学生以上が対象となっています。
(写真3 小学生以上が対象)
小学生以上が対象

このほかにも、ゲームを少し豪華にしたような、銀座線・有楽町線・東西線のシミュレーターもあります。
(写真4 銀座線・有楽町線・東西線のシミュレーター)
銀座線・有楽町線・東西線のシミュレーター

電車運転体験シミュレーターコーナー全体の様子です。
(写真5 シミュレーターコーナー)
シミュレーターコーナー

近くには、博物館限定のオリジナルプリントシールなどもありました。
(写真6 オリジナルプリントシールなど)
オリジナルプリントシールなど

鉄道模型など掲載しきれていない写真がまだ一部残っていますけれど、2015年の訪問はこれで終わりとします。
また、訪問するつもりですので、そのときに追加で記録できればと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する