にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
MERU NEKOさんの職場の方が、プラレールの「新交通ゆりかもめ」を手に入れたけれど、全く動く気配がないとのことで預かってきました。
かなり前の製品ではあるものの外観はとてもきれいです。しかし、確かに電池を入れても音すらしませんでした。
(写真1 プラレール 新交通ゆりかもめ)
プラレール 新交通ゆりかもめ

そこで、久しぶりに、プラレールの修理をしました。
音がしないので、ギヤは基本的に関係ありませんが、念のためチェックしておきます。
この車両については、特に問題ありませんでした。
(写真2 動力車輪・ギヤのチェック)
動力車輪・ギヤのチェック

そもそも、全く動く気配がないので、モーターか接触不良のどちらかとなりますので、ギヤボックスを開けて分解します。
順番に調べたところ、モーターと金具の接点のハンダ付けを直し、スイッチの金具が緩く、こちらも接触不良のため角度を調整しました。
(写真3 ギヤボックスの分解)
ギヤボックスの分解

また、経年のためグリスが変色していたことから、一度拭き取って、新しくグリスを塗り修理完了です。
しっかりと走行するようになりました。
(写真4 調整後にグリスを塗る)
調整後にグリスを塗る

皆様から修理をお受けすることはできませんが、これまで同様に、何かの参考になればうれしく思います。
※分解・修理などは推奨いたしません。自己責任でお願いいたします。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する