にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、29回目“モジュール部門”の最終回です。

1校目は、“小田急江ノ島線・藤沢本町駅”を再現した「神奈川県立湘南高等学校 鉄道研究部」の作品です。
駅周辺にはたくさんの生徒さんがいて、登校時の様子だということが一目でわかります。
(写真1 神奈川県立湘南高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立湘南高等学校 鉄道研究部

2校目は、“横須賀線北鎌倉駅”を再現した「茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部」の作品です。
円覚寺へ通じる踏切付近など、雰囲気がよくでています。
(写真2 茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部)
茨城県立並木中等教育学校 鉄道研究部

3校目は、“四条大橋なり”とモジュールに書かれている「大阪府立大学工業高等専門学校 汽車倶楽部」の作品です。
橋の雰囲気や全体の色使いなどインパクトがあります。京阪電車も1両置かれていました。
(写真3 大阪府立大学工業高等専門学校 汽車倶楽部)
大阪府立大学工業高等専門学校 汽車倶楽部

4校目は、“いざ、琵琶湖”というタイトルの「京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
京阪京津線浜大津駅付近を再現したもので、併用軌道の景色など、とてもいい感じです。
(写真4 京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部)
京都市立洛陽工業高等学校 鉄道研究部

5校目は、“京成本八幡・・?の街”というタイトルの「正則学園高等学校 鉄道同好会」の作品です。
中心の神社は簡略化されていますが、線路沿いの様子などからも、街の様子がわかります。
(写真5 正則学園高等学校 鉄道同好会)
正則学園高等学校 鉄道同好会

6校目は、“東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅付近”をモチーフにした「駒込学園 自然科学部」の作品です。
地下鉄を地上から見られるところや、一段下がった所にある駅の様子など特徴を捉えています。
(写真6 駒込学園 自然科学部)
駒込学園 自然科学部

7校目は、“新京成線”をテーマにした「上野学園高等学校 鉄道部」の作品です。
北総線や東武アーバンパークライン(野田線)と接続する新鎌ヶ谷駅のモジュールではないかと思います。
(写真7 上野学園高等学校 鉄道部)
上野学園高等学校 鉄道部

8校目は、“日本 秋の原風景 ~千葉県南房総に広がる秋景色”というタイトルの「千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部」の作品です。
小湊鉄道常総久保駅などを表現しているとのことです。
(写真8 千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部)
千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部

景色の表現方法も、いろいろと工夫されているおもしろい作品だと思います。
(写真9 特徴的な景色の表現)
特徴的な景色の表現

最後は、水の中でしょうか、不思議なトンネルの中を列車が通る「横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部」の作品です。
シンプルであるものの、コーナーに存在感のある個性的なモジュールです。
(写真10 横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部)
横浜富士見丘学園中等教育学校 地理研究部

鉄道模型コンテスト2015のモジュール部門を29回に渡り記録してきました。
たくさんの学校をご紹介してきましたけれど、開催時間の関係ですべてをまわれなかったり、写真がなく、残念ながらご紹介できない学校がいくつもあります。
また、このほかの部門などについては年明け後に、引き続き、少しずつ記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
本年もよろしくお願いいたします
誠 様

コメントや、ご訪問ありがとうございます。
お返事をお待たせしている間に、無事に新年を迎えることができました。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

今年も、ブログには時間の許す限り、訪問させていただきます。
更新はゆっくりでも、気になる記事を読み返したり、過去記事を楽しむこともできますので、無理せず、どうか長くつづけて下さい。

何かありましたら、今後もお気軽にコメントなどご連絡下さい。(お返事までに少しお時間をいただくとこがあります。)
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
2016/01/01(金) 22:59:17 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
はじめまして!あまり更新も出来なかったブログへ足を運んでいただき、本当にありがとうございます!
自宅での場所の制約もあって、なかなか鉄道模型には手を出せないので、ここへ来て楽しませてもらっていました。
更新の遅いブログではありますが、時間のある時にでもまた足を運んで頂ければと思います。
それではよいお年をお迎えください。
2015/12/31(木) 19:25:06 | URL | 誠 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する