にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
やってきたばかりの「TOMIX 103系通勤電車 高運転台ATC車・スカイブルー」に、早速、室内灯を取り付けて、ジャンパー栓パーツの塗装を行い、209系京浜東北線と並べてみました。
(写真1 室内灯を点灯させたTOMIXの103系と209系)
室内灯を点灯させたTOMIXの103系と209系

この車両には、LED1個に抵抗が1個ずつの鉄道模型用のテープLEDを使用しました。
なお、今回からは、コストは上がりますが、減光用に抵抗を追加する方法をやめて、抵抗器自体をぞれぞれ交換することにしました。
前記の元から電圧を下げる減光方法は、線路状況に左右されやすく、ちらつきの原因になることや、明るさが速度に比例してしまうため、他の車両も同じ方式を採用したものは順次交換を進めています。
(写真2 TOMIX 103系 京浜東北線)
TOMIX 103系 京浜東北線

そして、もう一つの作業は、ジャンパー栓パーツがすべて車体の色と同じなので、塗り分けを行いました。
(写真3 103系 ジャンパー栓パーツの塗装)
103系 ジャンパー栓パーツの塗装

完成品車両なはずですが、ATCアンテナも取り付けなくてはいけませんし、まだ、いろいろと作業が残っています・・・。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する