にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
これまでに製作したグリーンマックスのエボリューションキット(EVO)103系と組み合わせるため(カトーからの組み替え)に、トミックスの「103系通勤電車 高運転台ATC車・スカイブルー」を購入しました。
新しくなったトミックスの103系は、方向幕が白色で点灯するのも魅力です。
(写真1 TOMIX 103系通勤電車 高運転台ATC車・スカイブルー)
TOMIX 103系通勤電車 高運転台ATC車・スカイブルー

特に、テールになったときでも、方向幕が点灯するので、209系と並べたりするときは、かなり楽しめるのではないかと思っています。
※信号炎管のみで、ATCアンテナは取り付け前です。
(写真2 テールでも方向幕が白色で点灯するクハ103)
テールでも方向幕が白色で点灯するクハ103

6+4の編成の時は中間がGM同士なるため、カトーの103系に組み込んでもごまかしがきくのですが、7+3の高運転台車と低運転台車の連結では高さの差が目立つため、組み合わせを変えることにしました。
(写真3 GM EVO 103系とTOMIX 103系の連結を計画)
GM EVO 103系とTOMIX 103系の連結を計画

各社のイメージを確認するために、GM EVOキット・改造 非冷房車、KATO ATC高運転台車(屋根上塗り替え)、TOMIX ATC高運転台車、GM EVOキット 冷改車を並べてみました。
(写真4 TOMIX・KATO・GMの103系 京浜東北線)
TOMIX・KATO・GMの103系 京浜東北線

トミックスの車両なので、形式や車両番号などはインレタで貼り付けるようになっています。
なお、その中に、ATC(ATS)や所属表記などが無いのは、ちょっと寂しい感じがします。
(写真5 92585 TOMIX 103系通勤電車 高運転台ATC車 基本セット)
92585 TOMIX 103系通勤電車 高運転台ATC車 基本セット

全体としていい作りですが、付属のパーツを取り付けづらいのがちょっと難点です。一部パーツは、説明書にも“上級者向き”と書かれています。
小さなパーツを無くしてしまうと、別売ではなく、修理対応になってしまうものもありますので、ちょっと注意が必要かもしれません。
(写真6 付属のパーツ)
付属のパーツ

別売のカプラーなども一緒に購入していますので、室内灯を入れたり、いろいろと調整していくつもりです。
あと、屋根の色が濃すぎる感じで好みではないため、再塗装することも考えています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する