にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
この工事の記録も久しぶりとなりますが、「相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業」の2015年12月中旬の様子です。
相鉄線星川駅を中心に、和田町駅→天王町駅間を記録となります。
(写真1 相鉄線星川駅上りホームと駅名看板)
相鉄線星川駅上りホームと駅名看板

まずは、横浜方面・上り列車内より、和田町駅→星川駅の高架区間開始箇所です。
現在使用している線路の脇に、新しい高架区間のスロープ部分が見えます。
(写真2 海老名方の高架区間開始箇所)
海老名方の高架区間開始箇所

星川駅手前の星川1号踏切付近です。完成すると景色が大きく変わることが想像できます。
(写真3 星川1号踏切付近)
星川1号踏切付近

星川駅下り線ホームの真上には、片側のみ高架区間(駅)が作られています。
横浜市道路局と相鉄の発表では、一部線路も敷かれているようです。
(写真4 星川駅の高架工事)
星川駅の高架工事

駅には、この工事の名称や連続立体交差化工事をしていることが書かれた看板があります。
(写真5 工事の名称と目的)
工事の名称と目的

仮設だと思われる星川駅の北口と南口に通じる通路です。
(写真6 北口と南口に通じる通路)
北口と南口に通じる通路

駅の写真を撮っていましたら、残りわずかとなっている7000系の特急が通過していきました。
(写真7 7000系 特急・横浜ゆき)
7000系 特急・横浜ゆき

再び、列車に乗って、天王町駅へ向かいます。
(写真8 星川駅-天王町駅間の工事)
星川駅-天王町駅間の工事

天王町駅付近になると、新しく作っている高架との接続部分が見えてきました。
(写真9 天王町駅付近)
天王町駅付近

天王町駅はもともと高い位置にありますので、同駅と星川駅がそのまま高架でつながることになります。
(写真10 天王町駅から)
天王町駅から

「相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業」は、まだかなり長い期間かかりそうです。(平成30年度完成目標)
相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線の工事の進捗と合わせて、引き続き、今後も記録していきたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
効果は大きいかもしれません
kanageohis1964 様

いつも、ありがとうございます。

この工事はだいぶ遅れていますので、片側だけでも切り替えができれば、書いていただいたように、かなり便利になるのではないかと思います。

ただ、長いこと見慣れた景色が大きく変わってしまうので、忘れないように、記録を残しておきたいと考えています。

いろいろなところで、大がかりな工事が行われていて、時代の急速な変化を感じます。
2015/12/25(金) 06:04:38 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
こんにちは。

「星天ニュース」によれば下り線の部分供用開始は来年度目標で進んでいる様で、レールの敷設が進んでいる区間は割と順調に進んでいる様に見えますけれど、天王町駅付近はまだまだ作業が多そうですね。片側だけでも切り替わると踏切の抑止時間が短くなるので、少しでも早く実現できると良いですね。
2015/12/24(木) 14:39:43 | URL | kanageohis1964 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する