にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の27回目です。

はじめは、“日本の原風景 竜ヶ水”というタイトルの「ラ・サール高等学校 鉄道研究会」の作品です。
鹿児島中央駅ちかくの駅を再現したもので、完成度の高いモジュールです。
(写真1 ラ・サール高等学校 鉄道研究会)
ラ・サール高等学校 鉄道研究会

つぎは、路面電車のモジュールを作成した「洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部」の作品です。
古い街並みが特徴的で、川が流れるシーンなどもありました。
(写真2 洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部)
洛南高等学校・付属中学校 鉄道研究部

3校目は、地上と高架のある「近畿大学付属高等学校・中学校 科学部」の作品です。
(写真3 近畿大学付属高等学校・中学校 科学部)
近畿大学付属高等学校・中学校 科学部

対向式ホームの作りや駅の配置などもすてきです。
(写真4 対向式ホームと駅)
対向式ホームと駅

3校目は、“JR東京駅の丸ノ内駅舎”を再現した「芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
決められたスペースの中に、大きな駅舎を上手に配置して規定の線路も通し、一目で東京駅とわかる、しっかりと作られたモジュールです。
(写真5 芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部)
芝浦工業大学中学高等学校 鉄道研究部

4校目は、“豊島清掃工場付近”を再現した「埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
ペーパーを主体にして建物などが作られていて、一部市販品を使うなどして、モジュール全体をまとめています。
(写真6 埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会)
埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、あと2回の予定で続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する