にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の26回目です。

今回の1校目は、“積年のcrossing”というタイトルの「自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東急池上線とJR山手線の五反田駅を再現したモジュールではないかと思います。
(写真1 自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部)
自由ヶ丘学園高等学校 鉄道研究部

2校目は、“箱根登山鉄道の小涌谷駅”を再現した「海城中学・高等学校 鉄道研究会」の作品です。
モジュールの制約で、単線になるところも複線ですが、とてもよく作られています。
(写真2 海城中学・高等学校 鉄道研究会)
海城中学・高等学校 鉄道研究会

下から見上げた景色もすてきですし、雪が少し残っているという設定もなかなかです。
(写真3 小涌谷駅)
小涌谷駅

3校目は、中央本線の上諏訪駅近く(諏訪市湖畔公園)を再現したと思われる「鎌倉学園 鉄道研究同好会」の作品です。
シンプルですが、明るくすっきりとしたイメージのモジュールです。
(写真4 鎌倉学園 鉄道研究同好会)
鎌倉学園 鉄道研究同好会

4校目は、“リニアのある駅”というタイトルの「英数学館高等学校 科学部」の作品です。
福山駅をモデルに、新幹線をリニアに置き換えて作ったという駅だそうです。
(写真5 英数学館高等学校 科学部)
英数学館高等学校 科学部

5校目は、“軌道エレベーター 宇宙へ”というタイトルの「奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部」の作品です。
発想もおもしろく、飛行機の表現もすてきだと思います。
(写真6 奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部)
奈良学園登美ヶ丘中学校高等学校 交通研究部

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、あと3回の予定で続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する