にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の25回目です。

今回の1校目は、“江ノ島電鉄 鎌倉高校前駅”を再現した「東京都立戸山高等学校 地理歴史部」の作品です。
江ノ電は単線ですが、規格の関係で複線になっていると思われます。
(写真1 東京都立戸山高等学校 地理歴史部)
東京都立戸山高等学校 地理歴史部

何かと絵になる鎌倉高校前駅の特徴的なシーンを集めて、上手くまとめています。
(写真2 江ノ電 鎌倉高校前駅)
江ノ電 鎌倉高校前駅

2校目は、“西武新宿線 地下化予想図”というタイトルの「城西大学付属城西高等学校 物理部」の作品です。
新井薬師前駅付近とのことで、高低差のある地形を表現しています。
(写真3 城西大学付属城西高等学校 物理部)
城西大学付属城西高等学校 物理部

3校目は、“人々の生活に息づく鉄道”というテーマの「東京都立西高等学校」の作品です。
西武新宿線鷲ノ宮駅周辺を再現したもので、グランドやスーパーなど、街の様子がしっかりと作られています。
(写真4 東京都立西高等学校)
東京都立西高等学校

4校目は、“伊予鉄道”がテーマになっている「済美平成中等教育学校 鉄道模型有志」の作品です。
いよてつ高島屋や松山城など、松山市中心部をコンパクトに表現したような感じです。
(写真5 済美平成中等教育学校 鉄道模型有志)
済美平成中等教育学校 鉄道模型有志

5校目は、“非電化ローカル線と近未来鉄道が交差するJRの乗り入れない三層構造”というタイトルの「茨城県立土浦第一高等学校」の作品です。
守谷駅をモデルにしたモジュールで、駅舎の中などまで作られています。
(写真6 茨城県立土浦第一高等学校)
茨城県立土浦第一高等学校

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、あと4回の予定で続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する