にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の24回目です。

はじめは、“京王電鉄明大前駅”を再現した「武蔵高等学校中学校 鉄道研究部」の作品です。
京王井の頭線と京王線が交差し、乗り換えの乗客も多い駅です。
(写真1 武蔵高等学校中学校 鉄道研究部)
武蔵高等学校中学校 鉄道研究部

訪問したのが終了時刻間際だったからか、京王線のホームは賑やかな状態でした。
(写真2 京王線明大前駅)
京王線明大前駅

つづいては、“インドネシアの鉄道”をテーマにした「日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
日本からインドネシアへ渡る車両も増えて注目されていることから、おもしろい選択だと思います。
(写真3 日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

特徴あるカラーリングの車両のほか、駅や街の人々様子など、しっかりと作られたモジュールです。
(写真4 インドネシアの鉄道のモジュール)
インドネシアの鉄道のモジュール

つぎは、“神は細部に宿る。”というタイトルの「神奈川県立相模原中等教育学校 鉄道研究会」の作品です。
JR中央本線からの情景を、細部にこだわりながら作っています。
(写真5 神奈川県立相模原中等教育学校 鉄道研究会)
神奈川県立相模原中等教育学校 鉄道研究会

今回の最後は、“厳島神社と大野瀬戸”というタイトルの「修道中学・高等学校 鉄道研究班」の作品です。
水の中を線路が通るようになっていて、シンプルですが、とてもきれいな情景です。
(写真6 修道中学・高等学校 鉄道研究班)
修道中学・高等学校 鉄道研究班

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、あと5回の予定で続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する