にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年12月5日(土)に、鶴見線営業所(弁天橋)で開催された「第3回 鶴見線こどもフェスタ」の4回目・最終回です。

会場からの前に、少し鶴見駅の話題です。
4番線に入線したきたヘッドマーク付きの編成は、前後でちがうものが取り付けられていて、下り方面は、鶴見線を走ったぶどう色(茶色)と黄色い電車が、205系と一緒に描かれたものでした。
(写真1 鶴見駅4番線に停車中のヘッドマーク付き車両)
鶴見駅4番線に停車中のヘッドマーク付き車両

そして、普段は日中入れないようになっている3番線と4番線をくぐって結ぶ通路は、通れるようになっていました。
(写真2 階段から鶴見線205系)
階段から鶴見線205系

身近な路線であるにもかかわらず、この通路を初めて通りました。
(写真3 鶴見駅3番線と4番線を結ぶ通路)
鶴見駅3番線と4番線を結ぶ通路

さて、弁天橋の会場にの話題にもどりますが、展示されていた南武支線の205系の前面には、たくさんの表示がありました。
(写真4 たくさんの表示がある南武支線の205系)
たくさんの表示がある南武支線の205系

そして、人気の乗り物は、“レールスター”です。
ハマの電チャン後ろ姿も、なかなかいいと思いました。
(写真5 レールスターとハマの電チャン後ろ姿)
レールスターとハマの電チャン後ろ姿

このイベントでは、来場者に缶バッチがプレゼントされ、いろいろな車両から1つを選ぶことができました。
(写真6 種類がたくさんの記念缶バッチ)
種類がたくさんの記念缶バッチ

さらに、ハマの電チャンのエコバッグほか、JRのグッズもいただきました。
(写真7 エコバッグほかプレゼント)
エコバッグほかプレゼント

弁天橋の駅を降りて撮影したのは、73系のさよなら運転以来ではないかと思います。
以前、そのときの写真を掲載しましたが、同じ場所にには101系とクモハ12形がとまっていました。弁天橋電車区の時代です。
(写真8 鶴見営業所の205系)
鶴見営業所の205系

国鉄時代は、ときどき鶴見線に乗りましたが、JRに変わる直前に運行本数が大幅に減ってからは、毎日見る時期もあったものの、ほとんど乗りに行くことがなくなってしまいました。
イベントのサブタイトルには、“都会のローカル線に・・・”とありました。時には、JR鶴見線でのんびりとした時間を過ごすことも、いいのではないかと思います。とても楽しいイベントでした。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する