にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年12月5日(土)に、鶴見線営業所(弁天橋)で開催された「第3回 鶴見線こどもフェスタ」の2回目で、いったん会場を離れて、フェスタに関連する鶴見線の話題です。

イベントがはじまって少し経った時刻の鶴見駅では、日中は通常入線することのない4番線に、ヘッドマークをつけた205系の電車が入ってきました。
(写真1 4番線に入線してくるヘッドマーク付きの鶴見線)
4番線に入線してくるヘッドマーク付きの鶴見線

3番線で出発時刻を待つ「海芝浦」ゆきの列車と並びます。
(写真2 海芝浦ゆきと並ぶヘッドマーク付き列車)
海芝浦ゆきと並ぶヘッドマーク付き列車

第3回鶴見線フェスタのヘッドマークです。
(写真3 第3回鶴見線フェスタのヘッドマーク)
第3回鶴見線フェスタのヘッドマーク

ちなみに、イベントのから帰りもヘッドマーク付き列車はとまっていて、「扇町」ゆきと並びました。
(写真4 扇町ゆきと並ぶヘッドマーク付き列車)
扇町ゆきと並ぶヘッドマーク付き列車

さて、会場にもどっていきますが、フェスタ会場を鶴見線の列車内から見た様子です。
弁天橋駅方面から入出庫するための線路の配線もわかります。
(写真5 鶴見線の列車内から見るフェスタ会場)
鶴見線の列車内から見るフェスタ会場

そして、鶴見線営業所(旧弁天橋電車区/テシ)の最寄り駅、弁天橋駅です。
(写真6 JR鶴見線弁天橋駅)
JR鶴見線弁天橋駅

いまだに、ローカルな感じが残る駅です。
(写真7 弁天橋駅改札)
弁天橋駅改札

弁天橋駅から鶴見線営業所方面に少し歩くと、川崎鶴見臨港バスが通っています。
鶴見線の本数が少ない時間もあまり不便でないのは、実は、臨港バスや横浜市営バスが鶴見線の沿線に走っているためです。
(写真8 川崎鶴見臨港バス 鶴08ふれーゆ)
川崎鶴見臨港バス 鶴08ふれーゆ

第3回 鶴見線こどもフェスタ からは、会場の様子にもどり続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する