にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年12月6日(日)に、東武鉄道の南栗橋車両管区にて、「2015 東武ファンフェスタ」が開催され、今年も出かけてきました。
今回も昨年と同じく、「まるーん登場時」のリス丸さんとご一緒させていただきました。

まずは、東武鉄道の車両がきれいに並ぶ、「車両撮影会場」の展示車両からです。
(写真1 東武ファンフェスタ2015 車両撮影会場)
東武ファンフェスタ2015 車両撮影会場

2015年の注目車両は、行楽列車「フライング東上号」リバイバルカラー 8000系です。
展示される前は、ツートンカラーリバイバル車両と連結した「2015 東武ファンフェスタ号」として運行されました。
(写真2 行楽列車「フライング東上号」リバイバルカラー 8000系)
行楽列車「フライング東上号」リバイバルカラー 8000系

そして、東武アーバンパークラインで活躍中の60000系の姿もありました。
(写真3 東武アーバンパークライン 60000系)
東武アーバンパークライン 60000系

さらに、“金のスペーシア”でも通じる「日光詣スペーシア 100系」も1編成展示されました。
(写真4 日光詣スペーシア 100系)
日光詣スペーシア 100系

つづいて、車両撮影会場となりの「運転台見学・休憩用車両」です。
2両編成の10030系が「準急 伊勢崎」を表示して、制服着用体験の撮影にも使われていました。
(写真5 運転台見学・休憩用車両)
運転台見学・休憩用車両

また、側面と反対側の前面は、「区間準急 南栗橋」の表示でした。
(写真6 10030系 側面の表示)
10030系 側面の表示

同じ並びには、保線用車両のスイッチマルチプルタイタンパーが展示され、デモンストレーションも行われました。
(写真7 スイッチマルチプルタイタンパー)
スイッチマルチプルタイタンパー

側面から見ても、大きくて迫力のある車両です。
(写真8 スイッチマルチプルタイタンパー 側面)
スイッチマルチプルタイタンパー 側面

「2015 東武ファンフェスタ」も何回かに分けて、記録していく予定です。

本日は、このほかに「レールスナック蕨鉄道の昼営業 2015年12月」の記事があります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する