にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の23回目です。

はじめは、昭和な感じが残る地方風の構成となっている「高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部」の作品です。
細かく精密にという作りではありませんが、とても心を引きつける情景だと思います。
(写真1 高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部)
高知県立高知東工業高等学校 自動車工作部

駅や踏切のシーンのほかにも山の道路など、たくさんのシーンが詰め込まれています。
(写真2 モジュール全体)
モジュール全体

つぎは、“箱根登山鉄道、秩父渓谷、中央本線・旧線”のイメージを取り入れて作り上げたという「神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真3 神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立神奈川総合産業高等学校 鉄道研究部

鉄橋や河原なども丁寧に作られていて、川では人も楽しんでいるようです。
(写真4 鉄橋と川の人々)
鉄橋と川の人々

つづいては、“東急大井町線等々力駅”をモチーフにした「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
実物通りではありませんが、線路脇に東急バスが並べられていて、東急への思いが伝わります。
なぜか、一緒に京浜急行バスも1台とまっています。
(写真5 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

そして、山手線・横須賀線・山手貨物の3線がある“山手通りと目黒川信号所”というタイトルの「浅野学園 鉄道研究部」の作品です。
シンプルでありながら、特徴をしっかりと表現するというモジュールは、昨年も同じような方法だったように思います。
(写真6 浅野学園 鉄道研究部)
浅野学園 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、あともう少しとお伝えしてきましたが、写真を整理したところ、あと6~7回分ありました。
他の話題や一畳レイアウト部門などの記録を入れながら、続ける予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する