にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の21回目です。

はじめは、“ザ・ラストラン”というタイトルの「奈良工業高等専門学校 機械研究会」の作品です。
寝台列車が発着する上野駅と大阪駅を再現しています。
(写真1 奈良工業高等専門学校 機械研究会)
奈良工業高等専門学校 機械研究会

奥には、北斗星の車両が、手前には大阪環状線のオレンジの車両がとまっています。
(写真2 大阪環状線とホーム)
大阪環状線とホーム

トワイライトエクスプレスが停車しているホームにはたくさんの人が集まり、写真撮影などが行われていて、焚かれているシーンもありす。
(写真3 多くの人とフラッシュが焚かれているシーン)
多くの人とフラッシュが焚かれているシーン

つづいては、“高齢化やエネルギー問題”をテーマにした「呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊」の作品です。
斬新なつくりの駅ビルが目立ちます。
(写真4 呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊)
呉工業高等専門学校 ジオラマつくり隊

メインの駅ビルの中は、テーマ沿って細かく作られています。
住みやすい街作りは、とても大切な課題だと思います。
(写真5 コンパクトシティーの駅ビル)
コンパクトシティーの駅ビル

3校目は、“折り返しホームのある駅とその周辺”というタイトルの「修徳中学校・高等学校 鉄道部」の作品です。
駅とその周辺が、モジュール内に上手くまとまっています。
(写真6 修徳中学校・高等学校 鉄道部)
修徳中学校・高等学校 鉄道部

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、他の話題を入れながら、あと数回となります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する