にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
鉄道模型の室内灯を、大手通販サイトで販売しているLEDテープからは作らないのかという話がありまして、まずは商品購入のため検索をかけたところ、5m 300連(個)で送料込み330円という格安の白色LEDテープを見つけました。
レビューを見たところ、善し悪しいろいろとありましたけれど、鉄道模型なら使えそうなので、試してみてみようということで注文してチャレンジすることにしました。
(写真1 209系・E233系 京浜東北線 室内灯点灯・Nゲージ)
209系・E233系 京浜東北線 室内灯点灯・Nゲージ
※209系は、鉄道模型用のテープLED使用

メール便で送られてきた格安LEDテープを点灯させて見たところ、すべてきれいに点灯しました。
(写真2 格安LEDテープを点灯させた様子)
格安LEDテープを点灯させた様子

作りは格安だけある感じがしますが、基本的な機能には問題はなさそうです。
(写真3 LEDテープと袋)
LEDテープと袋

ちょっと意外だったのは、格安にもかかわらず、防水加工されていました。
鉄道模型の室内灯に使用するには非防水の方がよかったので、失敗したかと思ったものの、ジェル状の部分は簡単、かつきれいにはがすことができました。
(写真4 防水加工はずしと鉄道模型用への切り出し)
防水加工はずしと鉄道模型用への切り出し

このテープLEDは鉄道模型用とちがい、自動車やディスプレー照明用として使用するため、電圧が12V固定での使用を前提として、LED3個と抵抗器1個が単位となっています。
たとえば20m級車両の場合は6個でちょうどよいので、これに、用途に合うブリッジダイオード(1個10円~)を取り付けて、集電シューとの接点部分には、導電性(銅箔)テープを使用しました。※搭載したものには、(チップ)積層セラミックコンデンサも取り付けてあります。
(写真5 KATOの車両に用に作った室内灯)
KATOの車両に用に作った室内灯

導電性テープは、TAKACHIや3Mなどが入手しやすく(数日前に、秋月電子通商でも、別のメーカーの販売を開始)、糊の付いた面も電気を通すので、ハンダ付けをしなくてもいいようにすることができ、とても便利なものです。
見本の使用方法では、(ハンダ付けができ、テープ面は電気を通さない)銅箔テープでも差し支えなくできます。
銅板を切り出すのとちがい、カットが簡単で、切断面をやすりがけしなくてよいのも便利です。
(写真6 導電性テープ TAKACHI)
導電性テープ TAKACHI

ちなみに、製作した室内灯のベースや光の拡散・色調整・導電性テープ貼り付けに使用しているのは、東急ハンズで販売しているABS樹脂板0.5mmです。※黒い部分も色違いのABS樹脂板です。
基板のハンダ付けを行っても、短時間ですと直接コテ先がふれなければ変形しないメリットがあります。
(写真7 東急ハンズ ABS樹脂板)
東急ハンズ ABS樹脂板

あと、車両側の集電シュー(金具)は、ネット販売ではT・カンパニー製などがあります。※鉄道模型用の室内灯も販売。
実店舗では、東京メトロ銀座線の末広町駅近くにある模型店で、オリジナルのKATO用集電金具を見かけました。
(写真8 集電金具 T・カンパニー製 KATO用)
集電金具 T・カンパニー製 KATO用

室内灯部分ができあがりましたので、E233系1000番台に室内灯を搭載します。
光の拡散などに使用している部分が、室内灯を支える柱にのりますので、メーカー製同様に載せるだけです。
なお、旧規格の車両の場合は、車体屋根裏に貼り付ける必要があります。
(写真9 KATO E233系1000番台に室内灯を搭載)
KATO E233系1000番台に室内灯を搭載

3個一組のテープLEDの場合は、PWMコントローラー専用で、明るさの調節が基本的にできません。
しかし、一般的な走行環境では、ほぼ問題なく、きれいに点灯します。
(写真10 室内灯点灯の様子を側面から)
室内灯点灯の様子を側面から

今回は、暫定搭載ですけれど、1両あたり、100円以下でできる室内灯も、選択の一つとしていいなと思いました。
関連記事
コメント
コメント
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

早速になりますが、KATO用の集電金具についてです。

T・カンパニー製のものは、ネットで販売していて、楽天市場で購入することができます。(下記の模型店とは別です。)

また、末広町駅近くにある模型店で購入できるものは、T・カンパニー製のものではなく(ほぼ同じ規格のKATO用となります。)、TamTam(タムタム)オリジナル製品で、同模型店の秋葉原店に並んでいました。

TamTamオリジナルは、長いこと欠品していて、入荷未定だったものが入ったばかりのときに記事を書きましたので、在庫を確認してから、お店に行かれた方がよいかと思います。

ご不明な点がありましたら、お手数ですが、再度、こちらにコメントしてください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
2016/05/03(火) 21:04:39 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/05/03(火) 14:01:32 | | # [ 編集 ]
非公開コメントへのお返事
非公開コメントへのお返事です。

いつも、ご訪問いただきありがとうございます。
数日内にメールをお送りしますので、よろしくお願いいたします。
2015/11/22(日) 22:59:14 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/11/21(土) 23:57:59 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する