にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATOの新103系/KOKUDEN(一般形)と、グリーンマックス エボリューションキット103系の3種類で構成した「横浜線103系 混色編成」に続き、本来のカラーである(山手線と同じ)ウグイス色の編成も、屋根・クーラー・グローブ形ベンチレーターの塗り分けを行いました。

この編成は、KATO新103系を基本として、中間のサハ103のみ、非冷房車の場合はKOKUDEN(一般形)・グリル撤去・鉄道カラー 黄緑6号塗装、また、冷改車にしたいときは、グリーンマックス エボリューションキット103系(FARBE 黄緑6号で塗装)に差し替えて組むようにしているものです。
(写真1 横浜線103系ウグイス色 屋根上の塗り分け Nゲージ)
横浜線103系ウグイス色 屋根上の塗り分け Nゲージ

塗装が終ってから、早速、先に屋根上の塗り分けを行った混色編成と一緒に並べてみました。
(写真2 KATO 103系 横浜線のウグイス色と混色編成)
KATO 103系 横浜線のウグイス色と混色編成

冷房車と非冷房車の違いもよりはっきりして、103系のバリエーションをさらに楽しめるようになった気がします。
(写真3 屋根上の塗り分け 冷房車と非冷房車)
屋根上の塗り分け 冷房車と非冷房車

次は、京浜東北線の103系(KATO)も、塗り分けを行う予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する