にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し間が開きましたが、2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の18回目です。

はじめは、JR山手線日暮里駅付近を再現した「京華高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
ホームは、京成線がつくられていて、スカイライナーなども停車しています。
(写真1 京華高等学校 鉄道研究同好会)
京華高等学校 鉄道研究同好会

地上には寝台列車、地下には新幹線が配置されていて、たくさんの列車が通る日暮里駅の楽しさが伝わります。
(写真2 日暮里駅と地下の新幹線)
日暮里駅と地下の新幹線

つづいては、映画“ザ・マジックアワー”を再現したという「白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班」の作品です。
何でも鉄道模型のレイアウトに組み込めるのは、おもしろいと思います。
(写真3 白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班)
白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン班

つぎは、不思議な組み合わせのモジュール「桐朋中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
奇抜な感じですが、各所ともしっかりと作られていて、見ていて楽しいレイアウトです。
(写真4 桐朋中学・高等学校 鉄道研究部)
桐朋中学・高等学校 鉄道研究部

4校目は、“新緑の中の中津川渓谷”と題された「鹿児島情報高等学校 メカトロ部模型製作班」の作品です。
(写真5 鹿児島情報高等学校 メカトロ部模型製作班)
鹿児島情報高等学校 メカトロ部模型製作班

風景の構成もうまくできていますが、それぞれのシーンに配置されている人々も、いい物語を作り出しています。
(写真6 作業する人々など)
作業する人々など

鉄道模型コンテスト2015からモジュール部門は、1校でも多くご紹介したいと思っていますので、もう少しつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する