にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“一畳レイアウト部門”の1回目です。

はじめは、JR鶴見線がテーマになっている「関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
国道駅付近の再現では、京浜東北線や東海道線の列車などと交差するところも作られていました。
(写真1 関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部)
関東学院六浦中学校・高等学校 鉄道研究部

また、同線から海芝浦駅にスポットが当てられて、紹介されるなどしていました。
(写真2 JR鶴見線海芝浦駅)
JR鶴見線海芝浦駅

つづいては、スタジオジブリの“崖の上のポニョより”のシーンからの「白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン部」の作品です。
(写真3 白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン部)
白梅学園清修中高一貫部 鉄道模型デザイン部

水没してしまっている場面からですけれど、その表現がとても工夫されています。
アニメのシーンを、そのままのイメージで立体化できるのはすごいと思います。
(写真4 崖の上のポニョより)
崖の上のポニョより

3校目は、たくさんの鯉のぼりが泳ぐ、「駒場東邦中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真5 駒場東邦中学・高等学校 鉄道研究部)
駒場東邦中学・高等学校 鉄道研究部

駅前の情景から、川・道路・山などが、とてもよいバランスで配置されていて、安らぐシーンを作り出しています。
(写真6 たくさんの鯉のぼり)
たくさんの鯉のぼり

鉄道模型コンテスト2015からは、一畳レイアウト部門のほか、引き続きモジュール部門も記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する