にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
家族から風邪をもっらてしまいました。長引くタイプなので、睡眠時間を多くとるようにして、数日間ブログの更新をお休みさせていただきました。この間も、ご訪問いただきありがとうございます。

掲載を予定していた記事からの再開です。2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の17回目です。

はじめは、東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線の押上駅を再現した「岩倉高等学校 鉄道模型部」の作品です。
東京スカイツリーなど、地上から地下までつくられていて、照明もきれいに点灯しています。
(写真1 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

つづいては“祇園祭”をテーマにした「高槻高等学校・中学校 鉄道研究部」の作品です。
たくさんの人々は、爪楊枝から作られているとのことです。また、地下部分も作られています。
(写真2 高槻高等学校・中学校 鉄道研究部)
高槻高等学校・中学校 鉄道研究部

つぎは、富山地方鉄道の車両が並んでいた「千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部」の作品です。
コーナーのモジュールでありながら、駅の配置などが工夫されています。
(写真3 千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部)
千葉県立東葛飾高等学校 鉄道研究部

4校目は、バス停のシーンが印象的だった「城北埼玉高等学校 鉄道研究部」の作品です。
この上には、3線あるホームもあり、全体としても上手くまとまっていました。
(写真4 城北埼玉高等学校 鉄道研究部)
城北埼玉高等学校 鉄道研究部

そして、いすみ鉄道の沿線を再現した「千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
大多喜城や付近の橋梁などを再現して、きれいな景色を表現しています。
(写真5 千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉工業高等学校 鉄道研究部

最後は、和風な感じがすてきな「熊本県立八代工業高校 インテリア科 課題研究 建築班」の作品です。
桜が咲くなかで、ゆっくりとした時間が感じられます。
(写真6 熊本県立八代工業高校 インテリア科 課題研究 建築班)
熊本県立八代工業高校 インテリア科 課題研究 建築班

鉄道模型コンテスト2015からは、モジュール部門と併せて、1畳レイアウト部門の作品も、併せて記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する