にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
新川崎交通広場をはじめ、発展を続ける新川崎駅からは、約半年ぶりの南武線鹿島田駅と横須賀線新川崎駅を結ぶペデストリアンデッキ工事の進捗状況です。

今回も、新川崎駅側からスタートします。
(写真1 JR横須賀線 新川崎駅)
JR横須賀線 新川崎駅

新川崎駅の改札を出て階段を下るとエレベーターがあり、鹿島田駅までの距離が表示されています。
(写真2 新川崎駅のエレベーターと駅までの距離案内)
新川崎駅のエレベーターと駅までの距離案内

新しくできるコースよりも、実は、これまでのコースの方が距離が短いことがわかります。
しかしながら、雨に濡れずに駅間を移動することが設置の目的でもあります。
(写真3 階段と歩道橋)
階段と歩道橋

鹿島田駅へ向かう歩道橋は、商業施設の新川崎スクエアのオープンもあってか、通行する人の量が大幅に増えたような気がします。
(写真4 鹿島田駅へ向かう歩道橋)
鹿島田駅へ向かう歩道橋

新川崎スクエアのデッキから、新川崎駅方面の景色です。
(写真5 新川崎スクエアから新川崎駅方向)
新川崎スクエアから新川崎駅方向

前回記事ではオープン直前でしたが、すでに、約6か月が経ちました。
(写真6 新川崎スクエア)
新川崎スクエア

となりのビルは、まだ建設中のため、地上に一度降りることになります。
(写真7 新川崎スクエア 鹿島田駅寄りの階段)
新川崎スクエア 鹿島田駅寄りの階段

鹿島田側からの歩道橋(ペデストリアンデッキ)も、建設中のビルの手前までは完成して、通行できるようになりました。
(写真8 工事中の建物と途中までのペデストリアンデッキ)
工事中の建物と途中までのペデストリアンデッキ

完全につながっていないため、人通りは少ないです。
(写真9 通行できるようになったペデストリアンデッキ)
通行できるようになったペデストリアンデッキ

ここからは、鹿島田駅まではすぐとなり、そのまま改札階につながっています。
(写真10 JR南武線 鹿島田駅)
JR南武線 鹿島田駅

また、頃合いをみて、鹿島田駅と新川崎駅を結ぶ工事の様子を記録したいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する