にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年10月10日(土)~11(日)の2日間の予定で、東京・日比谷公園にて、恒例の鉄道フェスティバルが開催されています。このイベントから、初日の様子を簡単ですがまとめます。

少しで遅れ気味の時間に会場に到着しましたが、昨年よりも会場に人が多い気がしました。ふと考えてみると、明日の東京の天気予報は“雨”であることから、もしかすると初日に集中しているのかもしれません。
(写真1 第22回鉄道フェスティバル 案内板)
2015 第22回鉄道フェスティバル 案内板

今年も、都営三田線内幸町駅側から入りましたところ、いつもどおり京阪ブースが見えてきました。
販売品の一部は、同社の公式Twitterを通じて告知されていたこともあり、たくさんの人で賑わっていました。
(写真2 京阪電気鉄道ブース)
京阪電気鉄道ブース

こちらのミニSL乗車のコーナーも、同じ場所にありました。
(写真3 きかんしゃトーマス ミニSL乗車会場)
きかんしゃトーマス ミニSL乗車会場

公園内を進んですきますと、阪神電車の整列案内が出ていて、多くの人が列を作っていました。
(写真4 阪神電車の整列案内)
阪神電車の整列案内

JR東日本のコーナーも定位置です。定番の路線図カレンダーも販売していました。
(写真5 JR東日本ブース)
JR東日本ブース

その向かいは、日本民営鉄道協会 各社のブースが並びます。
いろいろありますが、上信電鉄のカレンダーは気になったものの一つです。
(写真6 日本民営鉄道協会 各社のブース)
日本民営鉄道協会 各社のブース

このほか京王電鉄は、路線図やBトレインショーティーなどの案内が目立ちました。
(写真7 京王電鉄ブースの販売品から)
京王電鉄ブースの販売品から

京浜急行の有名なあの方は、東急電鉄のマスコット“のるるん”のリュックを下げていました。
イベントということで、各社いろいろな乗り入れを毎年しています。
(写真8 東急電鉄のマスコット のるるん)
東急電鉄のマスコット のるるん

簡単なレポートになりますが、第22回鉄道フェスティバルはつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する