にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の15回目です。

1校目は、JR中央線国立駅を再現した「明治学院中学校・明治学院東村山高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真1 明治学院中学校・明治学院東村山高等学校 鉄道研究部)
明治学院中学校・明治学院東村山高等学校 鉄道研究部

駅や周辺の建物には、LED照明が点灯して、ホームには、オレンジ帯のE233系の姿も見えます。
(写真2 JR中央線 国立駅)
JR中央線 国立駅

2校目は、自然の景色が美しい、「埼玉県立秩父農工科学高校 電気科 課題研究 鉄道班」の作品です。
(写真3 埼玉県立秩父農工科学高校 電気科 課題研究 鉄道班)
埼玉県立秩父農工科学高校 電気科 課題研究 鉄道班

情景の一つ一つが丁寧に作られていますが、川の流れも、とてもすてきです。
(写真4 川の流れ)
川の流れ

3校目は、相鉄線大和駅~相模大塚駅間をモチーフにしたという、「日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部」の作品です。
近くには、米軍基地があることから、戦闘機が飛んでいるシーンとなっています。
(写真5 日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部)
日々輝学園高等学校 神奈川校 鉄道模型部

4校目は、平面交差をメインにした「三田学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
架線柱の作りなど、迫力のあるつくりとなっています。
(写真6 三田学園高等学校 鉄道研究部)
三田学園高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテストからの紹介は、別の話題を入れながら、もう少しつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する