にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の14回目です。

1校目は、東武鉄道とJR線が交差するポイントを再現した「埼玉県立久喜工業高等学校 模型部」の作品です。
(写真1 埼玉県立久喜工業高等学校 模型部)
埼玉県立久喜工業高等学校 模型部

実際の風景に見えるように配置したり、踏切付近なども特徴を捉えながら、しっかりと再現しています。
(写真2 踏切付近のつくり)
踏切付近のつくり

2校目は、リラックマが目印の箱庭温泉などがある「アレセイア湘南高校 鉄道研究部」の作品です。
(写真3 アレセイア湘南高校 鉄道研究部)
アレセイア湘南高校 鉄道研究部

地方風のモジュールで、ゆっくりと体を休めそうな気分になるような情景です。
(写真4 駅付近の様子)
駅付近の様子

3校目は、小さな海岸のある「大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部」の作品です。
廃車になったバスを利用した施設や屋台などがあり、雰囲気が出ています。
(写真5 大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部)
大阪府立今宮工科高等学校 鉄道研究部

このモジュール内の線路を、横浜線の車両が通過していきましたが、線形はゆるいカーブになっています。
海辺の表現との関係で、とてもいい感じです。
(写真6 ゆるやかなカーブがあるモジュール)
ゆるやかなカーブがあるモジュール

鉄道模型コンテストからの紹介は、もう少しつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する