にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATOから、鶴見線クモハ12形(鉄道模型・Nゲージ)が発売されましたが、売れ行きのすごさに驚いています。
その車両が引退する直前、京浜東北線に導入された209系0番台を、これに合わせたわけではありませんが、103系の京浜東北線と並べたいと、以前からずっと思っていましたので、今更ながらですがようやく手に入れました。
(写真1 KATO 103系・TOMIX 209系 Nゲージ)
KATO 103系・TOMIX 209系 Nゲージ

209系は、国鉄からJR東日本になった以降の車両ですので、103系のうち1編成にJRマークをつけることにしました。
鶴見駅では、京浜東北線103系、209系と、高架の鶴見線クモハ12形が、短い間ですが一緒に見られたことがあったと思います。
(写真2 TOMIX 209系 先頭車)
TOMIX 209系 先頭車

なお、時期的には209系の窓は、更新前の開かないタイプですが、新集電の台車にしたかったため、最後に発売された「JR・6ドアマーク印刷済み、窓サッシあり、新集電台車」の製品をそろえました。
(写真3 TOMIX 209系 サハ209ほか)
TOMIX 209系 サハ209ほか

発売からかなり経つ製品であるため、お手頃価格で見つけるのはかなり大変でした。
編成単位での新品販売もわずかにありますが、それなりにするところが多いようです。
(写真4 TOMIX 209-0系通勤電車 新集電 10両1編成)
TOMIX 209-0系通勤電車 新集電 10両1編成

この編成については、ヘッドライトとテールライトのLED化、方向幕の白色点灯化、室内灯の取り付けを行いました(作業完了)ので、後日、別記事での掲載を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する