にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の13回目です。

今回の1校目は、JR東海道線や山手線などと、京浜急行線が交差する品川駅近くの“八ツ山橋”を再現した「城北学園 鉄道研究部」の作品です。
コーナーのモジュールにもかかわらず、上手く再現しています。北総鉄道の9100形も置かれていました。
(写真1 城北学園 鉄道研究部)
城北学園 鉄道研究部

2校目は、“浅草駅”周辺を再現した「昭和鉄道高等学校 鉄道資料館部」の作品です。
地形や特徴ある建物から、浅草駅前であることがすぐにわかります。
(写真2 昭和鉄道高等学校 鉄道資料館部)
昭和鉄道高等学校 鉄道資料館部

松屋浅草と江戸通りの風景もよくできています。
(写真3 松屋浅草脇の江戸通り)
松屋浅草脇の江戸通り

このほか、駅周辺だけではなく、上階の東武鉄道や、地下の東京メトロ銀座線浅草駅のホームもしっかりとつくられていました。
都営浅草線などの浅草駅は少し離れた位置にありますので、このモジュールでは再現されていませんでした。
(写真4 東武鉄道 浅草駅)
東武鉄道 浅草駅
(写真5 東京メトロ銀座線 浅草駅)
東京メトロ銀座線 浅草駅

3校目は、広島の“原爆ドーム”を中心とした「埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究会」の作品です。
過去と現在を同時に表現した情景は、力強い復興と平和への願いも感じられます。
(写真6 埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究会)
埼玉県立浦和高等学校 鉄道研究会

他の話題を入れながら、鉄道模型コンテストからの紹介はつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する