にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の12回目です。

はじめは、京浜急行線の京急蒲田駅をテーマにした「浦和実業学園高等学校 鉄道研究部」の作品です。
“蒲田駅今昔物語 with 未来”というタイトルがつけられていて、高架化された現在の駅と地上の駅が混在します。
(写真1 浦和実業学園高等学校 鉄道研究部)
浦和実業学園高等学校 鉄道研究部

さらに、地下には、計画されている東急線(東急・JR京浜東北線 蒲田駅)と京急線を結ぶ蒲蒲線の(仮称)南蒲田駅まで作られていました。
(写真2 蒲蒲線も作られている京急蒲田駅)
蒲蒲線も作られている京急蒲田駅

つづいては、名取川に架かるJR東北本線の名取川橋梁を再現した「宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真3 宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部)
宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部

東北新幹線の特徴ある“斜版橋”がきれいに作られています。河川敷の情景もいい感じです。
(写真4 名取川に架かる斜版橋)
名取川に架かる斜版橋

堤防沿いには道路もあり、全体の構成もしっかりとしています。
(写真5 堤防沿いの道路)
堤防沿いの道路

次は、“花畑と風車”というタイトルの「日本大学高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
ヨーロッパ風を意識したというモジュールは、シンプルでありながら、とても和む景色に仕上がっています。
(写真6 日本大学高等学校 鉄道愛好会)
日本大学高等学校 鉄道愛好会

開催から早くも約2か月が経ちますが、参加校が大変多かったため、引き続き鉄道模型コンテストからの紹介を続けていく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する