にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の11回目です。

1校目は、“飯田橋駅”付近を再現した「湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部」です。
同駅の東口付近ですが、特徴的なものを上手に配置して、一目で場所がわかります。
(写真1 湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部)
湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部

飯田橋駅は、都営大江戸線や東京メトロの駅もあり、飯田橋交差点では各線が交差していますが、そんな地下の様子もつくられています。
(写真2 飯田橋駅)
飯田橋駅

作品全体を見ても、大きな建物などバランスよく構成されていました。
(写真3 モジュール全体)
モジュール全体

2校目は、舞子公園駅近くのJR山陽本線と山陽電鉄が交差する付近を再現したと思われる「淳心学院中・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
乗り入れている阪神の電車があり、よりイメージがわきます。
(写真4 淳心学院中・高等学校 鉄道研究部)
淳心学院中・高等学校 鉄道研究部

3校目は、学校付近を走る鉄道路線を再現したという「小山工業高等専門学校 模型同好会」です。
(写真5 小山工業高等専門学校 模型同好会)
小山工業高等専門学校 模型同好会

建物の少ない田舎の風景ですが、シンプルでありながら、細かいところまでしっかりと作られています。“売地”の看板があるところなど、おもしろい作品だと思いました。
(写真6 売地の看板)
売地の看板

鉄道模型コンテスト2015の記事は、もうしばらく続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する