にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の10回目です。

はじめは、 JR山手線原宿駅近くにある宮廷ホームを題材にした「東京都市大学附属高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真1 東京都市大学附属高等学校 鉄道研究部)
東京都市大学附属高等学校 鉄道研究部

モジュールの各所も、しっかりと仕上がっていますが、写真を撮る人々のシーンやE231系500番台と103系の混結編成など遊び心もたっぷりです。
(写真2 写真を撮る人々)
写真を撮る人々

モジュール全体を見たときに、場所を知っていれば、すぐにどこかわかるほど上手くまとめられています。
(写真3 原宿駅・宮廷ホーム モジュール全体)
原宿駅・宮廷ホーム モジュール全体

つづいては、“朝”をテーマに、地方の私鉄の駅を中心にした「浜松学院中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真4 浜松学院中学・高等学校 鉄道研究部)
浜松学院中学・高等学校 鉄道研究部

一段高い位置にある駅や踏切のなど、バランスよくレイアウトされています。
草木の表現をはじめ、どこも、しっかりと作られています。
(写真5 モジュール内の駅や踏切など)
モジュール内の駅や踏切など

3校目は、東急大井町線上野毛駅を再現した「世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
実際とは、少し周辺の配置がちがうところもありますが、一段下がった位置にあるホームなど、特徴を表現しています。
(写真6 世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会)
世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会

他の話題も入れながら、鉄道模型コンテストからの作品紹介はつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する