にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の7回目です。

1校目は、JR中央線と東京メトロ東西線の“飯田橋駅”を再現した「早稲田高校 鉄道研究部」の作品です。
(写真1 JR中央線 飯田橋駅)
JR中央線 飯田橋駅

JR線の線路上も作業員の姿が見られるなど、細かいところまで作っていますが、中央線から東西線ら向かうコンコースも見えるようになっています。
(写真2 早稲田高校 鉄道研究部)
早稲田高校 鉄道研究部

東京メトロ東西線の飯田橋駅も、特徴が出るように工夫されています。ちなみに、早朝の様子だそうです。
(写真3 東京メトロ東西線 飯田橋駅)
東京メトロ東西線 飯田橋駅

2校目は、“海風と山風”というタイトルの「聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
タイトルのように2つのシーンがつながっていて、となりの学校のモジュールとの関係も同じように見えるため、境目を間違えそうになる不思議なつくりとなっているように感じました。
(写真4 聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部)
聖徳学園中学高等学校 鉄道研究部

シンプルですが、各所ともしっかりと作られています。バスのすれ違いシーンもすてきです。
(写真5 変電所や都営バスなど)
変電所や都営バスなど

3校目は、“東京から一番近い観光地、千葉”というタイトルの「千葉県立船橋高等学校 鉄道研究部」の作品です。
千葉県内に見られるのどかなシーンが和みます。
(写真6 千葉県立船橋高等学校 鉄道研究部)
千葉県立船橋高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテストからの作品紹介が続きましたが、Gフェスの話題も記録していきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する