にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の6回目です。

6回目の最初は、 廃車・解体車両の輸送シーンがある「立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会」の作品です。
横須賀線・総武線快速などで活躍した113系の一部が運ばれていきます。
(写真1 廃車・解体車両の輸送)
廃車・解体車両の輸送

モジュール全体は、駅や周辺の建物から構成されています。
(写真2 立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会)
立教新座中学校・高等学校 鉄道研究会

つづいては、回転寿司屋をそのまま再現したような「法政大学第二中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
決められた規格の中で、実際に店にいるような感じになるように作られているのはすごいと思います。
(写真3 法政大学第二中学・高等学校 鉄道研究部)
法政大学第二中学・高等学校 鉄道研究部

貨物列車が寿司を輸送しています。この場で、寿司を注文したくなるような、アイディア作品でした。
(写真4 寿司を運ぶ列車)
寿司を運ぶ列車

次は、モジュールのワンシーンからです。「関東学院中学・高等学校 鉄道研究部」の作品からで、坂のある住宅地を表現した部分です。
雰囲気がとてもよく、桜が咲いているのも、全体を明るく感じさせていると思います。
(写真5 関東学院中学・高等学校 鉄道研究部)
関東学院中学・高等学校 鉄道研究部

4校目は、鉄道と道路の二段構成になっている橋をつくった「芝学園 技術工作部」の作品です。
橋の構造もわりやすく手前に展示してありました。
(写真6 芝学園 技術工作部)
芝学園 技術工作部

鉄道模型コンテストからの作品紹介は、もうしばらく記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する