にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の5回目です。

今回の1校目は、新宿駅付近を再現した「千葉県立千葉高等学校 鉄道研究部」の作品で、地上と地下の2段構成になっています。
地下は、東京メトロ丸ノ内線・西新宿駅の駅名看板(駅名標)があり、ライトも点灯します。
(写真1 千葉県立千葉高等学校 鉄道研究部)
千葉県立千葉高等学校 鉄道研究部

また、地上は、少し離れた新宿駅の新宿大ガード付近を再現したものとなっています。
店舗の特徴をしっかりと表現していますので、場所を知っているとすぐにかわると思います。
線路上には、山手線や中央・総武線各駅停車(緩行線)の車両も配置されていました。
(写真2 地上は新宿大ガード付近・地下は西新宿駅)
地上は新宿大ガード付近・地下は西新宿駅

2校目は、“厳島神社”をコーナーのモジュールにコンパクトに表現した「青陵中学高等学校 鉄道自動車部」の作品です。
(写真3 青陵中学高等学校 鉄道自動車部)
青陵中学高等学校 鉄道自動車部

全体的に美しく表現されているばかりではなく、細部にもこだわって、しっかりと作り込まれています。
(写真4 厳島神社のモジュールから)
厳島神社のモジュールから

3校目は、紙を使っての建物製作をメインにした「成城高等学校 鉄道研究部」の作品からです。
コンビニエンスストアがある通りや住宅の間など、紙からでもかなりリアルに見えるように作っているのはすごいと思いました。
(写真5 成城高等学校 鉄道研究部)
成城高等学校 鉄道研究部

建物の製作について、紙の使い方など熱心に説明もしてくださいました。
(写真6 紙で作られた建物)
紙で作られた建物

すでに、開催から1か月近くが経ってしまいましたので、引き続き、Gフェスと鉄道模型コンテストからの作品紹介を、どんどん記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する