にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月8日~9日に、ホビーセンターカトー東京で開催された“激団サンポール・会津ヨシ!・鉄ちゃん倶楽部の3団体の合同による運転会(Nゲージのジオラマ展示)”「Gフェス サマーレイルジャンボリー」の続き、6回目です。

今回は、展示されていたモジュールの中から、「武蔵野環状線」というタイトルの作品に絞って掲載していきます。
まずは、高架区間からです。線路はもちろんのこと、水量の少ない川や舗装されていない道(写真範囲よりも奥)なども、驚くほどリアルに作られていました。
(写真1 高架橋上の東京メトロの車両)
高架橋上の東京メトロの車両

長いモジュールの反対側には、 幹線道路や畑などのシーンもあります。この下を線路が通っていて、“武蔵野”という感じが出る地形をしっかりと表現しています。
(写真2 幹線道路や畑など)
幹線道路や畑など

この下には、「のぞいて下さい。」という、手書きのかわいい案内がありました。
(写真3 かわいい案内「のぞいて下さい。」)
かわいい案内「のぞいて下さい。」

案内にしたがって、中をのぞいてみますと、 トンネルの先には武蔵野線の車両見えます。本物の列車から見ているような感じです。
(写真4 トンネルの先の武蔵野線)
トンネルの先の武蔵野線

その武蔵野線が置かれている沿線も、数々のシーンがあって、どれも細かく丁寧に仕上げられています。
(写真5 沿線の風景から)
沿線の風景から

住宅付近を近くで見てみると、こちらも、物干し竿があったり、電柱にトランスがのっていたりします。
そして、このシーンだけではありませんが、木々の配置や色が、とてもすてきだと思います。
(写真6 物干し竿や電柱のトランスなどまで再現)
物干し竿や電柱のトランスなどまで再現

Gフェスと、鉄道模型コンテストからの作品紹介は、もう少し続く予定です。
関連記事
コメント
コメント
次の機会も楽しみにしています
ボシ 様

すてきな作品を拝見し、コメントまでいただきありがとうございます。

のぞき穴は、あのかわいい手書きの案内を見て、これは是非ともということでのぞいてみました。
ふたの感じから、何か別の目的も兼ねているのかと思っていましたら、やはり理由があったようで、“のぞき穴”にしてしまう発想の転換はさすがですね。

それから、ジオラマ全体の作りは、どの位置(高さ)から見ても本物のような迫力を感じるもので、楽しませていただきました。
後日、取材中だった作品もご紹介させていただきたいと思っています。

なお、前記の理由で、大変お忙しそうだったので、当日、お声かけをしませんでしたが、次の機会は、作品などについてお話を伺えればと思っています。また、すてきな作品を見られるのも楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。
2015/09/15(火) 12:19:02 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
初めまして‼︎
こんばんは、Gフェスにお越し下さいまして、ありがとうございました。
武蔵野環状線の、ご紹介ありがとうございます。
のぞき穴…。
本来は直線とカーブと使い分ける為に穴を開けたのですが…
コーナーモジュールが足りないらしいので、のぞき穴にしてしまいましたσ(^_^;)
ジオラマは俯瞰で見ることが多いと思いますが、小生のジオラマはしゃがんだり…
覗いたり…
と『子供の目の高さで見る』を意識して製作しています。

のぞき穴から撮影していただけて、とても嬉しいです(^-^)

2015/09/14(月) 23:29:18 | URL | ボシ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する