にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
イベントの事後処理と気候の変動に体が十分について行けず、なんとかがんばっている今日この頃です。

さて、2015年8月8日(土)・9日(日)の2日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「鉄道模型コンテスト2015」から、「第7回全国高等学校鉄道模型コンテスト」より、“モジュール部門”の2回目です。

今回のはじめは、実際にある風景を取り入れて作られた「攻玉社学園 鉄道研究部」の作品です。
奥多摩工業氷川工場は、美術作品らしい作りで、コンテストのモジュールにはぴったりな感じです。
(写真1 奥多摩工業氷川工場)
奥多摩工業氷川工場

全体は、JR青梅線の奥多摩駅を中心としたモジュールとなっています。なお、この作品では、旧名称の「氷川駅」となっています。
(写真2 攻玉社学園 鉄道研究部)
攻玉社学園 鉄道研究部

電柱や電線などまで再現したという駅周辺の風景もすてきです。
(写真3 電線のあるジオラマ)
電線のあるジオラマ

つづいては、“切り替え工事の夜に”というタイトルの「大阪桐蔭高等学校 大阪桐蔭鐵道研究部」の作品で、JR片町線がモデルとなっています。
(写真4 大阪桐蔭高等学校 大阪桐蔭鐵道研究部)
大阪桐蔭高等学校 大阪桐蔭鐵道研究部

夜間工事用のライト引き寄せられるように寄ってみると、ものすごい数の作業員が配置されています。
製作には、相当の時間がかかっているのではないかと思われます。
(写真5 鉄道工事中のジオラマより)
鉄道工事中のジオラマより

そして、もう一つは、「大阪女子短期大学高等学校 サブカルチャー研究部」の作品です。
和歌山電鐵貴志川線貴志駅の新駅舎を中心に、実際とは違うオリジナルな風景で構成されています。
気になる鉄塔には、作業を行う人々も見られます。
(写真6 大阪女子短期大学高等学校 サブカルチャー研究部)
大阪女子短期大学高等学校 サブカルチャー研究部

第7回全国高等学校鉄道模型コンテストについては、皆さんの力作をたくさん紹介したいところですが、参加校がとても多いため、訪問できたところの中から、少しずつ抜粋して掲載していきたいと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する