にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2015年8月21日(金)から23日(日)までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催された「第16回 国際鉄道模型コンベンション」2015(JAM)では、自分(たち)の出展でめいっぱい状態で、残念ながら、お買い物や他の出展をゆっくり見ることができませんでした。

そんな中で、3日目の終わり直前に、ようやくご挨拶できた「会津ヨシ!」と「鉄ちゃん倶楽部」の展示は、数は少ないものの写真を撮ることができましたので、すてきな作品ということもあり、ご紹介させていただきたいと思います。
(写真1 国際鉄道模型コンベンション 会津ヨシ!の展示から)
国際鉄道模型コンベンション 会津ヨシ!の展示から

今月上旬には、ホビーセンターカトー東京のGフェスでも出展されていましたが、1枚目の写真以外の作品は、コンベンションのみの出展です。
どの位置から見ても、随所にこだわりの箇所があり、細かく作られています。
(写真2 会津ヨシ!の展示から ヤード)
会津ヨシ!の展示から ヤード

JAMなどの出展ではおなじみの幟を見ると、一目で会津ヨシ!の皆さんのブースだとわかります。
(写真3 会津ヨシ!の展示コーナー)
会津ヨシ!の展示コーナー

おすすめの撮影スポットからの写真は、建物の屋根の裏側です。このほかにも、両サイドに透ける素材を用いるなど工夫されています。
そして、何時間見ていてもあきない、魅力的な作品です。
(写真4 会津ヨシ!の展示から 屋根・裏側から)
会津ヨシ!の展示から 屋根・裏側から

つづいては、準備の時にもいろいろとお話を伺った「鉄ちゃん倶楽部」の展示からです。
こちらは、Gフェスでも出展されていましたが、コンベンションでは、ライトアップのほか、背景なども加わって、一瞬別の作品かと思うほど印象が変わって見えました。
(写真5 国際鉄道模型コンベンション 鉄ちゃん倶楽部の展示から)
国際鉄道模型コンベンション 鉄ちゃん倶楽部の展示から

実在する場所を再現したジオラマで、普通なら見落としてしまいそうなところまで、細かく再現されています。
川の水は美しく、踏切も動作するなど、楽しくてたまらない作品です。
(写真6 鉄ちゃん倶楽部の展示から 2)
鉄ちゃん倶楽部の展示から 2

どちらの団体も、このほかの作品も出展されていましたが、つづきは途中になっているGフェスの記事で記録したいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する